中江兆民

   
中江兆民(1847~1901) 思想家(高知市)
 
始め陽明学を修め、ついで、英、蘭、仏語を学ぶ。明治3年大学南校の助教となり、4年フランスに留学する。当時ナポレオン3世の帝政瓦解のあとパリ・コンミューンの動乱に際会し、深く民主主義、自由主義思想の感化を受けた。パリでは西園寺公望と遊び帰朝後西園寺と共に東洋自由新聞を発行し、フランス流の自由平等論で時の政府を攻撃したことは有名である。明治23年第1回衆議院議員に当選するがまもなく辞職する。東雲新聞、自由新聞、民権新聞等を刊行して終始藩閥政府を批判した東洋のルソーと呼ばれた。ガンを病み死期を知って書き残した“一年有半”は当時のベストセラーとして知られる。“一国文明の進不進はその国人の考へると考へざるとに由る也”とは警世の言である。
<<一般社団法人 考える村>> 〒781-5703 高知県安芸郡芸西村西分甲5502-2 TEL:0887-33-3681 FAX:0887-33-3681