岩崎弥太郎

   
 
 
岩崎弥太郎(1834~1885) 実業家(安芸市)
 
年少江戸に留学するが、父の下獄に関連して追放せられる。たまたま罪を得て蟄居中の吉田東洋の門に出入しその才幹を認められる。これが後日後藤象二郎に招かれて長崎の土佐商会に赴任する因となる。明治4年半の九十九商会を譲りうけて自ら三菱商会を起こし海運業を営む。征台の役、西南の役に政府のご用海運をつとめて巨利を得、英国商社をも駆逐して東洋の海上王となり、遂に日本財閥の雄となる。“男子志成らずんば再びこの山に登らじ”とは年少郷関を出るにあたり妙見山上の神社に書き残した語である。
 
(揮毫 元四国銀行頭取 吉村真一)
<<一般社団法人 考える村>> 〒781-5703 高知県安芸郡芸西村西分甲5502-2 TEL:0887-33-3681 FAX:0887-33-3681