板垣退助

   
 
 
板垣退助(1837~1919) 政治家(高知市)
 
明治時代の自由民権運動の最高指導者、始め武人として維新の風雲に乗じて土佐藩兵を率い東北各地に転戦し勇名をはせた。後新政府に入り西郷隆盛等と共に参議に列したが征韓論に破れて下野する。それから土佐に帰り立志社を起こし、自由民権をとなえて天下に呼号する。岐阜中教院の演壇に於て刺客に刺された時の“板垣死すとも自由は死せず”は有名である。明治31年には大隈重信と共に組閣の大命を受け、いわゆる板隈内閣を作ったが内閣不統一により短命に終わる。83歳歿。
 
(揮毫 高知大学名誉教授 山本大)
<<一般社団法人 考える村>> 〒781-5703 高知県安芸郡芸西村西分甲5502-2 TEL:0887-33-3681 FAX:0887-33-3681