牧野富太郎

   
 
 
牧野富太郎(1862~1957) 植物学者(佐川町)
 
明治17年上京して理科大学植物学教室に出入し、独学で植物分類学を修めた。23年仝教室の出入を禁ぜられ、やむなく駒場農大の一室で研究を続けておったところ、26年東京帝京大理科大助手となることができた。爾来47年間勤続。その間採集した植物標本は50万点に及び、昭和26年文部省は「牧野博士植物標本保存委員会」を設け永久保存ん道が講ぜられた。朝日文化賞、文化功労賞、文化勲章(歿後)博士の偉業を記念して五台山に「牧野植物園」その他があることは周知の通りである。語録“不勉強落第”とは博士にして言える言葉である。
 
(揮毫 元牧野植物園園長 山脇哲臣)
<<一般社団法人 考える村>> 〒781-5703 高知県安芸郡芸西村西分甲5502-2 TEL:0887-33-3681 FAX:0887-33-3681