吉田茂

   
吉田茂(1878~1967) 総理大臣(宿毛)
 
自由党の志士竹内綱の実子にて、吉田健三の養子。学修院、東京帝大を出て外交官となる。昭和3年浜口内閣の外務次官となり、イギリス大使を最後に官を退く。第2次大戦中は親英派と目され憲兵隊に捕われたこともあった。戦後東久迩内閣の外相、ついで幣原内閣に留任し、鳩山一郎の追放によって自由党総裁となる。21年5月第1次吉田内閣を造るが内外多端に苦しみ社会党に政権を譲る。22年第2次吉田内閣を造り、引続き第5次まで組閣、29年民主党鳩山内閣に引渡すまで戦後多難の政権を担当し、その後も長く高知県から代議士に当選した。高知県知事溝渕増巳は吉田からいつも“植樹と教育”を言われたという。
 
(揮毫 元高知県知事 溝渕増巳)
<<一般社団法人 考える村>> 〒781-5703 高知県安芸郡芸西村西分甲5502-2 TEL:0887-33-3681 FAX:0887-33-3681