田中光顕

   
 
田中光顕(1843~1939) 宮内大臣伯爵(佐川町)
 
代々土佐藩家老深尾家に仕えたが、少壮土佐勤王党に加盟、1864(元治1)脱藩して長州に投じ、高杉晋作に兄事して国事に奔走し後中岡慎太郎が京都に於て薩援隊を組織するに及び副隊長となる。明治新政府に於ては陸軍少将、元老院議官、警視総監、貴族院議員等の顕職を経て長期宮内大臣をつとめた。晩年は静岡県蒲原に悠々自適し、巨費を投じて集めた図書文献書画をそれぞれに寄贈し、本県にも佐川町青山文庫がある。
又、盟友先輩坂本竜馬、中岡慎太郎の銅像建設については高知青年のために多大の力をかし与えた。
“丹心を留取して汗青を照らさん”とは文天祥の詩句の最後であるが、竜馬銅像の記念写真帳によせられた田中伯のを模した。
 
(入交好保 書)
<<一般社団法人 考える村>> 〒781-5703 高知県安芸郡芸西村西分甲5502-2 TEL:0887-33-3681 FAX:0887-33-3681