野村茂久馬

   
野村茂久馬(1869~1960) 実業家(高知市)
 
明治2年、安芸郡奈半利町の豪農に生れ、青年時代父の勘気にふれ高知市に出て内国通運高知取引所をあづかり、労使共同の大家族主義により出発した。
その後日露戦争の戦時輸送、大阪商船と結ぶ港湾荷役等を経て、自動車、バス、倉庫、造船等あらゆる海陸交通運輸事業に発展し、四国の交通王とまで呼ばれるに至る。昭和7年には貴族院議員に当選、高知商工会議所会頭となり県政財界に重きをなした。
又、昭和の始め高知県青年が桂浜に坂本竜馬の銅像を建立するに当り、大野武夫、入交好保等を助けたことは広く知られている。野村翁の真価は終生野人であったことであり、“終始努力”は翁の自他共に戒めた語録である。
 
(入交好保 書)
<<一般社団法人 考える村>> 〒781-5703 高知県安芸郡芸西村西分甲5502-2 TEL:0887-33-3681 FAX:0887-33-3681